テンペ菌発酵の野草茶で血糖値、ヘモグロビンを下げよう

普段の飲んでいるお茶を「テンペ菌発酵の野草茶」に変えてみませんか?日本人にはお茶を飲む習慣があるので、すんなり実行できそうです。食後の前後にお茶を飲むことで、効果的に高血糖を防ぐことができます。

そもそも「テンペ菌」にはどんな作用があるのでしょう。「テンペ菌」には、植物分能力が極めて高く、天然野草を発酵させると、糖の吸収を抑える成分が驚くほど増加し、アミノ酸などの栄養分を増やす作用もあり、血栓ができるのを防ぐ効果があります。

 

「テンペ菌発酵野草茶」には血糖値を下げる八つの茶葉の相乗作用があります。

【糖の吸収を抑制し、排出する】
●ギムネマ・シルベスタ店・・・ギムネマ酸が糖の吸収を妨げる
●クワの葉・・・デオキシノジリマイシンの働きで、腸の吸収を抑制する
●グァバ葉・・・糖質がブドウ糖へ変化するのを抑制するといわれる

【インスリンのように働く】
●ヤーコン葉・・・体内のインスリンの量を増やし、その分泌も促す
●バナバ葉・・・血糖値が高い場合は下げ、低い場合には影響しない

【血液・血管を健やかにする】
●クコの葉・・・血管を強化する成分・ルチンを多く含んでいる
●クマザサ・・・血栓ができるのを防ぎ、血液サラサラ効果が期待できる
●柿の葉・・・血管壁を保護し、血管をしなやかにするビタミンCが豊富


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA