エゴマ納豆で細胞を活性化

普段の食生活で食材に気は使っても、油について考えたことがおありでしょうか?その油が私たちの健康状態を左右しているかもしれません。最近スーパーの油コーナーをのぞいてみると、たくさんの種類の油があることに驚きました。

その中でも特に高価なのが、エゴマ油とアマニ油です。アマニ油は独特の風味があるのですが、エゴマ油はクセがなくお勧めです。エゴマ油は体の細胞膜や組織を生成する「必須脂肪酸」で、その中の「オメガ3」系です。

オメガ3系の油には、ほかの油にないαリノレン酸という成分が豊富に含まれています。このαリノレン酸は、青魚に含まれるEPAやDHAに変化するのです。

さらに悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすので、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞を防いでくれます。ということは、血管や細胞が活性化されるので認知症の予防にもつながるのです。

エゴマ油のおすすめの摂り方

①納豆にお好みの醤油やカラシ、薬味を入れる

②小さじ1杯のエゴマ油を入れて混ぜる

納豆はもともと血流を促し、腸内環境を整えてくれるうえ、ビタミンやミネラルも含まれています。エゴマ油を入れると相乗効果が期待できるのです。

またアトピーだった方が、皮膚の炎症やかゆみが改善されたという事例もあるようです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA