健康や精神にも効果絶大!笑いヨガで血糖値を下げよう

ストレス社会の中で生活している私たちは、心の中に「怒り」を溜め込んでいます。その「怒り」は溜め込むと糖尿病や高血圧などの生活習慣病になりやすい傾向があります。

人間の唾液にはコルチゾールというストレスホルモンがあり、この数値が高いとストレスを感じており、低いとストレスを感じていないことになります。この数値が高かった人たちが大笑いした後に再計測したら、数値が軒並み下がったのです。

この現象で考え出されたのが「笑いヨガ」です。いわゆる「つくり笑い」でも効果があるようです。なぜ、笑うことで糖尿病が改善されるのでしょうか?

10~15分笑うと、1日に消費するエネルギーを10~40kcal増やし、そのぶん糖の代謝も促されて、血糖値も下がります。さらにストレスの緩和も作用していると考えられています。

笑うと、自律神経のひとつである副交感神経が優位になります。そうなるとホルモン分泌が正常になり、血糖値を下げるインスリンの働きを改善して、血糖値によい影響を及ぼすようです。

 

warai笑いヨガの方法

①両手を上に上げ胸を開き、
「アロ~」と長く声を出し続ける

②「ハハハハ」と前かがみになりながら、息を吐く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA