あずきカボチャで高血圧や動脈硬化の予防や改善をしよう

最近は玄米菜食を取り入れたマクロビオティックを実践している方が多くいます。その中のメニューに「あずきカボチャ」があります。「あずきカボチャ」は糖尿病の改善に効果的とされていて、血糖値を下げる効果があり、3大合併症を防ぐ効果もあるのです。

また「疲れやすい」「やる気が出ない」「のどが渇く」「多尿」「尿が泡立つ」「皮膚のかゆみ」「むくみ」などの糖尿病の症状を改善します。では、どのように作るのかご説明致します。

無題あずきカボチャの作り方 (6~8日分)

あずき2カップ(400ml) 
かぼちゃ300g  
塩 小さじ2

 

 

①あずきを洗って、水6カップと一緒に鍋に入れる。ふたをせず強火で煮て沸騰したら火を弱める。水2カップを3~4回に分けて足しながら、あずきが柔らかくなるまで煮る。1回目の差し水以降は、ふたをして煮る。

②あずきが柔らかくなったら、塩と、2cmに切ったカボチャを加える。

③カボチャが煮えたら出来上がり。

1日に、茶碗1杯食べるのがおすすめ。何回かに分けてもOK!おかずにしても、おやつにしてもいいですね。残ったら冷凍庫で保存できます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA