Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/0/higoone/web/tounyoubyou-tiryou.com/index.php:6) in /home/users/0/higoone/web/tounyoubyou-tiryou.com/wp-includes/feed-rss2.php on line 8
糖尿病の予防と完治したい人のための糖尿病ペディア http://tounyoubyou-tiryou.com Fri, 18 Nov 2016 06:51:46 +0000 ja hourly 1 血糖値を下げる!アカシアポリフェノールの効果について http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=11 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=11#respond Tue, 09 Feb 2016 06:34:06 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=11 ポリフェノールは赤ワインやコーヒーに含まれることで知られていますが、アカシア樹皮由来のポリフェノールに、ずば抜けた抗酸化力があることが分かってきました。

「アカシアポリフェノール」には毒性がより強い型の活性酸素を集中的に除去して、目や腎臓、足の指先などに障害を及ぼす糖尿病の合併症を予防します。

また血糖値やヘモグロビンA1c値を改善し、血糖値を安定させます。高血糖や高血圧、脂質異常症の改善、内臓脂肪の軽減など多くの作用が判明しています。さらに糖尿病の合併症をもたらす「インスリン抵抗性」を高くする内臓脂肪を、次のような作用で減らすことが分かっています。

 

①糖質や脂質の吸収を抑える 脂質や脂肪を分解して吸収を進める、消化酵素の働きを阻害します。

②脂肪の燃焼を促す 血糖をエネルギーに転換する褐色脂肪細胞を活性化します。

③肝臓での脂肪合成を阻害する 消費されなかった血糖が、肝臓で脂肪に変わるのを防ぎます。

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=11 0
テンペ菌発酵の野草茶で血糖値、ヘモグロビンを下げよう http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=7 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=7#respond Tue, 09 Feb 2016 06:07:35 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=7 普段の飲んでいるお茶を「テンペ菌発酵の野草茶」に変えてみませんか?日本人にはお茶を飲む習慣があるので、すんなり実行できそうです。食後の前後にお茶を飲むことで、効果的に高血糖を防ぐことができます。

そもそも「テンペ菌」にはどんな作用があるのでしょう。「テンペ菌」には、植物分能力が極めて高く、天然野草を発酵させると、糖の吸収を抑える成分が驚くほど増加し、アミノ酸などの栄養分を増やす作用もあり、血栓ができるのを防ぐ効果があります。

 

「テンペ菌発酵野草茶」には血糖値を下げる八つの茶葉の相乗作用があります。

【糖の吸収を抑制し、排出する】
●ギムネマ・シルベスタ店・・・ギムネマ酸が糖の吸収を妨げる
●クワの葉・・・デオキシノジリマイシンの働きで、腸の吸収を抑制する
●グァバ葉・・・糖質がブドウ糖へ変化するのを抑制するといわれる

【インスリンのように働く】
●ヤーコン葉・・・体内のインスリンの量を増やし、その分泌も促す
●バナバ葉・・・血糖値が高い場合は下げ、低い場合には影響しない

【血液・血管を健やかにする】
●クコの葉・・・血管を強化する成分・ルチンを多く含んでいる
●クマザサ・・・血栓ができるのを防ぎ、血液サラサラ効果が期待できる
●柿の葉・・・血管壁を保護し、血管をしなやかにするビタミンCが豊富

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=7 0
健康や精神にも効果絶大!笑いヨガで血糖値を下げよう http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=31 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=31#respond Tue, 01 Dec 2015 06:35:54 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=31 ストレス社会の中で生活している私たちは、心の中に「怒り」を溜め込んでいます。その「怒り」は溜め込むと糖尿病や高血圧などの生活習慣病になりやすい傾向があります。

人間の唾液にはコルチゾールというストレスホルモンがあり、この数値が高いとストレスを感じており、低いとストレスを感じていないことになります。この数値が高かった人たちが大笑いした後に再計測したら、数値が軒並み下がったのです。

この現象で考え出されたのが「笑いヨガ」です。いわゆる「つくり笑い」でも効果があるようです。なぜ、笑うことで糖尿病が改善されるのでしょうか?

10~15分笑うと、1日に消費するエネルギーを10~40kcal増やし、そのぶん糖の代謝も促されて、血糖値も下がります。さらにストレスの緩和も作用していると考えられています。

笑うと、自律神経のひとつである副交感神経が優位になります。そうなるとホルモン分泌が正常になり、血糖値を下げるインスリンの働きを改善して、血糖値によい影響を及ぼすようです。

 

warai笑いヨガの方法

①両手を上に上げ胸を開き、
「アロ~」と長く声を出し続ける

②「ハハハハ」と前かがみになりながら、息を吐く。

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=31 0
血液サラサラ酢タマネギで身体も大喜び! http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=29 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=29#respond Tue, 01 Dec 2015 05:25:43 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=29 タマネギには血液や血管系の病気、糖尿病には絶大な力を発揮します。血糖値や中性脂肪値を下げる効果があるようです。その中でも酢タマネギを試した糖尿病患者の9割の人の血糖値が改善されたのです。

 

たまねぎタマネギの辛み成分である硫化アリルや、
抗酸化作用があるケルセチンに、
血中の余分な糖質や脂質をへらす働きもあります。

そして酢には、血液をサラサラにし血流を改善する効果もあります。また食後の血糖値の上昇を緩やかにし、肝細胞や筋肉細胞内のエネルギー代謝を活性化します。

ということはインスリンの効きがよくなります。

 

酢タマネギの作り方

①タマネギの皮を剥いて半分に切って薄切りにしておく。

②保存容器に酢、ハチミツ、塩を入れ、はちみつが溶けるまで混ぜる。

③②に①を加える。タマネギが漬け酢につかりきらないときは、酢を足す。

④ふたをして冷蔵。5日後からおいしく食べられる。1ヶ月は保存が可能。

1日の目安は50gほどです。肉料理の付け合せには特におすすめです。

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=29 0
発酵黒豆で血圧が下がりダイエットまで成功 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=125 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=125#respond Fri, 20 Nov 2015 07:00:18 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=125 黒豆は昔から体にいい食品と言われています。アミノ酸やクエン酸に加え、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれています。

アントシアニンの抗酸化作用により、活性酸素が除去され、兼官がしなやかになり、動脈硬化や高血圧が改善されます。他にもたくさんの効果が期待できます!

 

kuromame

便秘の解消 
オリゴ糖が腸内環境を整える。

ダイエット 
オリゴ糖やアミノ酸が脂肪や糖分の吸収を抑制する。サポニンがコレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにするため、代謝もアップする。

美肌・美白
アントシアニンがコラーゲン同士を結びつけハリやツヤをアップさせ、抗酸化作用によりシミやくすみができるのを防ぎます。またメラニンを作る酵素の働きも抑制します。

更年期障害の予防・改善

黒豆にはイソフラボンが豊富に含まれています。体内に入る女性ホルモンの「エストロゲン」と同じ働きをします。更年期障害や骨粗しょう症の予防や改善にも役立ちます。

 

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=125 0
あずきカボチャで高血圧や動脈硬化の予防や改善をしよう http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=26 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=26#respond Thu, 19 Nov 2015 07:09:13 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=26 最近は玄米菜食を取り入れたマクロビオティックを実践している方が多くいます。その中のメニューに「あずきカボチャ」があります。「あずきカボチャ」は糖尿病の改善に効果的とされていて、血糖値を下げる効果があり、3大合併症を防ぐ効果もあるのです。

また「疲れやすい」「やる気が出ない」「のどが渇く」「多尿」「尿が泡立つ」「皮膚のかゆみ」「むくみ」などの糖尿病の症状を改善します。では、どのように作るのかご説明致します。

無題あずきカボチャの作り方 (6~8日分)

あずき2カップ(400ml) 
かぼちゃ300g  
塩 小さじ2

 

 

①あずきを洗って、水6カップと一緒に鍋に入れる。ふたをせず強火で煮て沸騰したら火を弱める。水2カップを3~4回に分けて足しながら、あずきが柔らかくなるまで煮る。1回目の差し水以降は、ふたをして煮る。

②あずきが柔らかくなったら、塩と、2cmに切ったカボチャを加える。

③カボチャが煮えたら出来上がり。

1日に、茶碗1杯食べるのがおすすめ。何回かに分けてもOK!おかずにしても、おやつにしてもいいですね。残ったら冷凍庫で保存できます。

 

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=26 0
エゴマ納豆で細胞を活性化 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=33 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=33#respond Fri, 13 Nov 2015 06:54:43 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=33 普段の食生活で食材に気は使っても、油について考えたことがおありでしょうか?その油が私たちの健康状態を左右しているかもしれません。最近スーパーの油コーナーをのぞいてみると、たくさんの種類の油があることに驚きました。

その中でも特に高価なのが、エゴマ油とアマニ油です。アマニ油は独特の風味があるのですが、エゴマ油はクセがなくお勧めです。エゴマ油は体の細胞膜や組織を生成する「必須脂肪酸」で、その中の「オメガ3」系です。

オメガ3系の油には、ほかの油にないαリノレン酸という成分が豊富に含まれています。このαリノレン酸は、青魚に含まれるEPAやDHAに変化するのです。

さらに悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすので、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞を防いでくれます。ということは、血管や細胞が活性化されるので認知症の予防にもつながるのです。

エゴマ油のおすすめの摂り方

①納豆にお好みの醤油やカラシ、薬味を入れる

②小さじ1杯のエゴマ油を入れて混ぜる

納豆はもともと血流を促し、腸内環境を整えてくれるうえ、ビタミンやミネラルも含まれています。エゴマ油を入れると相乗効果が期待できるのです。

またアトピーだった方が、皮膚の炎症やかゆみが改善されたという事例もあるようです。

 

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=33 0
究極の健康法!「ふくらはぎ刺激」で血行促進 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=24 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=24#respond Tue, 20 Oct 2015 05:22:21 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=24 腎臓は血液をろ過し、老廃物を尿として体の外に排出する、浄水場のような役割を持っています。しかし糖尿病性腎症になると、血液中の糖濃度が高くなり、腎臓に負担がかかります。

機能が低下し悪化して腎不全になると、人工透析をしなければならなくなります。体力的、金銭的にも、これだけはなんとか避けたいと皆さんおっしゃいます。

最近話題になっている「ふくらはぎ刺激」

ふくらはぎや足の裏を刺激すると全身の血流が活性化して自律神経のバランスを整えるようです。下半身へ送られた血液を心臓に戻すポンプがないため、血液が下半身に滞り、リンパ液の流れも滞ります。こうなると各期間の機能が低下してしまいます。

ふくらはぎや足の裏をマッサージすると全身の血流とリンパの循環がスムーズになって、内臓の機能も回復するようです。

【ふくらはぎのマッサージ方法】
足首から膝にかけて、気持ちいいと感じる程度の強さで、片足2~3分もむ。

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=24 0
寿命まで左右する!驚異の「腸内フローラ」を整えよう http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=67 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=67#respond Tue, 20 Oct 2015 04:21:00 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=67 糖尿病患者の中には、食事療法でインスリンや薬をやめた方がいます。その方たちは「腸内フローラ」を整えたのです。人の腸内にいる最近は、数百種類以上、約100兆個といわれていてこれらの最近が形成する生態系を「腸内フローラ」といいます。

【“何を” “とのように”食べるか 】

食べるものと腸内環境は大きく異なってきます。

●善玉菌を増やす食材
●食事の最初に食物繊維が豊富なものを食べる。
(食物繊維をえさとする“テタイオタオミクロン菌を増やす)

ゴボウ・レンコンなどの根菜類、海草、乾物、押し麦、キノコ類、ブルーベリー

 

【血糖値を急激に上げない食べ方】

食事の最初に野菜、キノコ、ワカメ、モズクなどの海藻類を食べる。

野菜→肉や魚→豆腐→卵などの主菜→最後にご飯

※主菜とご飯を一緒に食べる、カレーや丼ぶりものはおススメできません。
また早く食べることが前提となっている、ソバやラーメンなども。

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=67 0
あなたの血糖値は大丈夫?緩やかにコントロールしよう http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=64 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=64#respond Tue, 20 Oct 2015 03:17:47 +0000 http://tounyoubyou-tiryou.com/?p=64 糖尿病の何が怖いと思いますか?きっと三大合併症とお答えになるでしょう。

①神経や細かい血管が傷ついて起こる糖尿病性神経障害
②糖尿病性網膜症
③糖尿病性腎症

この3つを防ぐには緩やかな血糖コントロールが必要です。糖尿病は多くの合併症を引き起こすので、薬を飲む必要がありますが、その薬によって腎臓に大きな負担をかけてしまいます。

急激に数値を下げようとするのではなく、合併症を避けるためにも、緩やかに血糖をコントロールし薬を減らすことが重要です。また糖尿病を引き起こすことになった、普段の生活スタイルや食事を改善することも大切です。

生活習慣の改善の基本は、やはり運動と食事です。いつも肉ばかり食べていませんか?まず食事から見直し、魚介類、野菜、豆、果物を中心にしましょう。

]]>
http://tounyoubyou-tiryou.com/?feed=rss2&p=64 0